むかし、長崎の佐世保に住んでいました。もう30年以上も前のことですが、時々思い出したりします。

それも理由の一つなのかもと思いますが、今、国内旅行で行きたいところの一つが、五島列島です。

そんな五島列島が出てくる物語がこの本。
いつ読み終わったか、思い出せないので、今日書いておきます。

川上弘美さんの小説は、登場人物がいちいち魅力的で、いつも、読み終わるのがもったいないと思います。
本を読むことを通して、年齢、性別、国籍、職業を超えて、その人の気持ちになれるのは素敵なことだなと改めて実感しました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です