短編それぞれがお話になっているのに、全体でも一つの物語になる素敵な本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です