今年2冊目の読了本。最新物理学の本を読みました。去年から、好きなSF小説をもっと楽しむために、出来るだけ新しい本を読んで知識を更新しています。

現代物理学の2大理論、「相対論」と「量子力学」がとてもわかりやすく解説されていました。

特に相対論が判りやすかったです。物体の速度が光速に近づくと時間の流れがゆっくりになるとか、小説に出てきて何となく知っていることについて腑に落ちる説明があって楽しく読めました。

方程式がほとんど出てこないのも良かった。

量子論については、僕にとってはちょっと消化不良な感じだったので、別の本で補足していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です